_mg_0708

ビジネススクールのもっとも重要なアウトプットとして、学生のインターンシップとフルタイムの就職先が挙げられます。マリオットスクールも他ビジネススクール同様にキャリアセンター(就職斡旋センター)を持っており、MBAの学生に、レジュメ(履歴書)やカバーレターの書き方、面接の受け方を学生一人ひとりにメンター(アドバイザー)を割り当ててくれて決め細やかに指導してくれます。それだけではなく、キャリアセンターの職員自ら各企業と太いパイプを構築すべく、常に企業とコンタクトをしています。

また、マリオットスクールの評価が各企業のリクルーターの間で非常に高く、各企業の人事担当者が自らキャンパスを訪れ、会社説明会をしてれたり、オンキャンパスで面接をしてくれたりします。就職活動が活況を呈する毎年9月から翌年2月ぐらいまでは、毎週2-3社がキャンパスを訪れ会社説明会及び面接を実施しているようです。

主な会社はコンピュータ関連では、マイクロソフト、デルコンピューター、ヒューレッドパッカード、インテル、シスコシステムズ、IBM、etc…コンサルティング会社では、(学部生対象も含む)ボストンコンサルティング、ベインキャピタル、アクセンチュア、KPMG、プライスヲータークーパーズetc… 銀行系では、バンクオブアメリカ、Citibank、ドイチェバンク、UBS、HSB、ロイヤルスコットランド銀行etc…. 製造業系では、フォードモーター、ジェネラルモーター、ジェネラルエレクトリック、ウィアプール、P&G、ジョンソンエンドジョンソンetc….などここでは記載できないくらいの会社がキャンパスにやってきます。

ただし、我々日本人を含む留学生にとっては事情が少し変ってきます。というのは、やはり学生の大半はアメリカ人であり、キャンパスに訪れる会社もアメリカ企業がほとんどです。また、留学生を雇うとなると、企業もワーキングビザを手配するのにコストが掛かること、またテロ以降セキュリティの観点から外国人を雇う企業が少なくなっているというのは事実です。しかしながら、留学生も苦戦はしながらも、ほとんどの学生は最終的にインターン及びフルタイムのofferをもらっているのでご心配なく。

また、本来は大変な就職活動ですが、2年生が1年生にきめ細かくアドバイスしたり(1年生には2年生の学生がアドバイザーになるシェルパ制度もあります)、クラスメート同士、留学生同士で情報を交換したりして湧きあいあいと活動しています。余談ですが、この就職活動は、自分自身が知らなかった他業種、他社を詳しく知れる貴重な機会となり、クラスの授業や卒業後のキャリアにとても大きな財産になると思います。

通常、以下の3つの方法でインターンシップとフルタイムの仕事を探すことになります。

1)ボストンキャリアフォーラム

bcf

ここでは、日本人に特化したインターン及びフルタイムの就職について述べたいとおもいます。日本人の就職活動としては避けて通れないのは毎年11月ごろに東海岸のボストンで3日間開かれる日本人留学生を対象としたボストンキャリアフォーラムです。
これはアメリカに留学している日本人の学生(または、日本語ができるアメリカ人)を対象として、わざわざ日本に毎回就職面接にくることができないだろうということで、日系及び外資系企業約200社余りがボストンに3日間一堂に会して学生を面接するというもの。200社余りが集まることから、必ずしも自分が希望する会社が来ていないかもしれませんが、その業界の会社は来ていると思います。ポジションは基本的に卒業後日本に帰国して日本で就職ということになりますが、会社によっては就労ビザを提供してそのままアメリカで働くポジションを提示してくれる会社もあります。

キャリアフォーラムの一般的な流れは、事前にキャリアフォーラムのwebを確認して、希望の会社にレジェメを送ります。会社によってかなり異なりますが、まず履歴書送付の段階で1次審査が行われ、それをクリアすると電話面接が行われます。晴れてそれもパスするとボストンで当日の直接面接が行われます。この面接もこの3日間で1-4回行われ、夜はDinnerに招待されます。会社によっては、この3日間の間に最終offerを出すところもありますが、Boston後に今度はまた、その配属部署となるであろう部署の人と電話面接、日本に帰国したとき(主に年末)に面接を受けて晴れて内定も貰います。内定をもらった後も、それからは業務内容や給与面などの処遇について交渉しお互い納得したら人事部から送られてくるレターにサインして晴れて就職先/インターン先が決まることになります。

もちろん、このBostonの他にもキャリアフォーラムは開催されているようですが、ボストンが最大で参加する会社数、学生数が最も多いので重要になります。実際、このボストンキャリフォーラムを通して、BYU MBAの日本人生徒は、マイクロソフト、東京スター銀行、GE、アマゾン、楽天、サンスターからフルタイム、そしてインターンシップの内定を貰っています。

ボストンキャリアフォーラムの詳細&対策方法については、次のサイトに詳しくまとめられています。
ボストンキャリアフォーラムの歩き方

2)ネットワーキングによる就職活動

日本人の卒業生の絶対数は少ないですが、その分マリオットスクールに対する思い入れも強く、どの卒業生も親身になって助けてくれるようです。また、日本のビジネス界でも人脈が太く、必ずしも今ご自身が働いている会社でなくても、ご自身のコネクションを使って、その業界、会社の方を紹介してくれることもあります。

また、近年はリンクドインなどのソーシャルメディアが普及しているため、直接卒業生を知らなくても、ソーシャルメディアを活用して様々な人と繋がることができます。

3)ヘッドハンターによる就職活動

日本のヘッドハンターにとってMBAホルダーは貴重なようで、彼らのwebに登録するとかなり多くのポジションを紹介してくれるようです。但し、フルタイムのポジションのみです。インターンについては、インターンを募集している会社が日本には少ないこと、インターンを紹介してもヘッドハンターにはfeeがあまり入ってこないことにより、インターン探しでヘッドハンターを使うことは有効ではないようです。

そのヘッドハンターと電話でやりとりして、希望のポジションが出てくれば、年末などに日本に帰国したときに、相手の会社と面接をセットアップしてくれます。数回面接をして、双方のニーズが合えば晴れてofferがでることになります。さまざまな子待遇面などの交渉についてもヘッドハンターが間に入ってやってくれます。MBA生はこれらの一連のサービスをヘッドハンターから無償で受けられます。ヘッドハンターはMBA生がその会社に就職した場合、その年棒の20-30%がその会社から彼らに支払われる仕組みとなっています。

おススメ人材紹介会社の一覧

ここでは、在校生と卒業生が実際に活用した人材エージェントや、人材紹介会社を紹介しています。 人材紹介会社は、担当者との相性や、専門分野などがありますので、とりあえずここで紹介しているエージェントにはすべて登録し、よい案件をたくさん紹介してくれるエージェントを中心に、付き合ってゆくとよいでしょう。

TYPE

得意分野:T、メーカー、その他全般
特徴:
タイプは、転職の雑誌を出していることでも有名です。特に東京、神奈川、埼玉、千葉のエリアを中心に様々な案件を紹介してくれます。登録後は、必ず直接面談してもらい、様々なアドバイスを受けるようにしましょう。
登録はこちら

アクシアム

得意分野:MBA関連
特徴
MBAを取り巻くジョブマーケットの情報をもよく理解しているのが、このアクシアムです。学前のジョブフェアや、面談時に仕事探しに立つ様々な資料を提供してくれます。
登録はこちら

JACリクルートメント

得意分野
ほぼすべて
特徴
JACは、業界三位の人材紹介会社です。く整備されたオンラインシステムや、手厚いサポートで仕事探しを助けてくれます。本語の履歴書や職務経歴の作成に関しても 親身になって助言を与えてくれます。
登録はこちら

Robert Walters

得意分野:外資系
特徴
外資系を中心に活動している人材エージェントです。大手の人材エージェントなどにはないような、日本に進出したばかりのベンチャーなどの求人なども扱っています。
登録はこちら